骨がスカスカになる骨粗鬆症は早めに治療|強い骨が健康の源

医師

骨に自信はありますか

医者

あなたは自分の骨は丈夫だと自信を持って言えるでしょうか。最近話題となっている骨粗鬆症ですが、一体どのような病気なのかご存知ですか。骨粗鬆症とは骨の中がスカスカになって、もろくなってしまう病気です。癌や脳卒中などのように命を脅かす病気ではないのですが、骨が弱くなっているので少しの衝撃で骨折してしまったりします。特に年配の方に多いこの骨粗鬆症ですが、予防する方法はないのでしょうか。骨を丈夫にするとなると、すぐに思いつくのはカルシウムですよね。もちろんこのカルシウムを積極的に摂取することはとても大切なのですが、同時にカルシウムの吸収を促すビタミンも摂るのがおすすめですよ。また適度な運動も骨の代謝を高めるので、運動不足を感じている方は特に意識するようにしましょう。

なってしまうと大変な骨粗鬆症ですが、今の時点で骨に不安のある方もいらっしゃると思います。そのような方には、病院で骨ドックを受けることをおすすめします。骨ドックとは骨の密度を調べて、骨粗鬆症の予防や治療に役立てるための検査のことです。治療や検査内容はその病院によって違うようですが、問診や身体測定、血液検査などを行います。骨粗鬆症の骨折によって寝たきりになり要介護になってしまうことも少なくないですので、少しでも不安のある方は一度受けてみることをおすすめします。骨粗鬆症は何よりも予防が大切です。特に目に見えるものではないので、知らないうちに骨がスカスカになっていたなんてことになったら大変ですよね。先に説明した予防を、上手に取り入れられるように生活を工夫してみましょう。

がん治療は早期発見が大切

聴診器

大腸がんは早期発見することが出来れば、入院をする必要なく切除することが可能です。初期段階では自覚症状がない場合もありますので、定期的な検査を受けることが早期発見のためには大切なことであると言えるでしょう。

詳細へ

心臓の負担を減らす

病院

心臓疾患の中でも、特に気をつけなければならない心筋梗塞。その前兆をしっかりと読み取って、適切な予防をしましょう。すぐに病院へ行き、心臓を危険から守り抜きましょう。

詳細へ

予防が大切

看護師

心筋梗塞は生活習慣が主な原因ですので、生活習慣を改めることが予防となり、そのことを医療機関等も推奨しています。心筋梗塞の死亡率は、医学の進歩、医療環境の充実により、近年では減少しています。そして、この先、更に減少することが予想されます。しかし、だからといって予防を怠ることがあってはならないのです。

詳細へ