心臓の負担を減らす|骨がスカスカになる骨粗鬆症は早めに治療|強い骨が健康の源

骨がスカスカになる骨粗鬆症は早めに治療|強い骨が健康の源

先生

心臓の負担を減らす

病院

心筋梗塞の前兆を知り予防せよ

心筋梗塞とは、心臓の血管が何らかの原因で詰まってしまうことで、その先の心筋が壊死してしまう疾患です。放置しておくとすぐに死に至ってしまう危険な疾患なので、迅速な処置が必要です。 しかし、心筋梗塞には特徴的な前兆があります。血管が詰まりかけいつ心筋梗塞になってもおかしくない状況では、背中や左肘あたりが突然痛くなることがあります。これは放散痛と呼ばれるものであり、心臓からの痛みが伝わって来ていることで発生する痛みです。さらに、「素早い動きや重い物を持ち上げたタイミングで動機や息切れの症状が出たりすることもあります。 このような前兆を感じた時には、すぐに医療機関に相談に行くべきでしょう。自己判断で放っておいてしまうと、最悪の場合には心筋梗塞で突然死という可能性もあります。早期発見が実現すれば、心臓を危険から守り抜く事が出来るでしょう。

食事の改善や運動で心筋梗塞予防を

心筋梗塞になる人の割合は増えてきているといわれています。 しかし、生活習慣を見直したりすることで、心筋梗塞を予防することは十分可能です。予防方法としては、食事の内容を見直すということと、運動の習慣を身につけるということです。 まず、食事の内容については、血流を悪くしない食生活にすることが大事になってきます。例えば、脂っぽい食事であったり、糖質の摂り過ぎなどの場合は、血液がドロドロしてしまって、進行すると血管が詰まってしまう恐れがあります。血管が詰まりだすと、心筋梗塞が発生しやすくなってしまいます。ですから、脂肪や糖質の多い食生活は控えるようにします。 運動については、軽めの運動を30分以上は継続することが大事になってきます。運動をすると血液の流れが良くなりますし、血液に含まれる余分な脂肪や糖質を排除してくれますので、心筋梗塞の予防となります。