がん治療は早期発見が大切|骨がスカスカになる骨粗鬆症は早めに治療|強い骨が健康の源

骨がスカスカになる骨粗鬆症は早めに治療|強い骨が健康の源

先生

がん治療は早期発見が大切

聴診器

大腸がんは早期発見することが出来れば、内視鏡治療の対象となります。内視鏡検査などで早期の大腸がんが発見された場合には、専用の器具を使用して、その場でガンを切除することが出来る場合もあります。内視鏡治療で大腸がんを切除するメリットとしては、体に傷をつけることがないということがあります。また、大腸がんの切除による痛みや苦痛などを感じることがないということも大きなメリットということが出来ます。入院をせずに行われることが一般的ですので、経済的な負担も少なくてすみます。定期的に検査を受けることにより、がんを早期発見することが出来ます。勤務先で検診を受けることが出来ないという場合でも、40歳以上であれば市区町村の検診を受けることが出来る場合もあり、手頃な価格で検査を受けることが出来ることから人気があります。

内視鏡で取り除くことが出来るのは、早期のがんだけです。そのため、症状が進行しているようながんや転移が見られる場合には内視鏡での切除の対象とはならない可能性もありますので、注意が必要です。また、がんがリンパ節にまで転移しているかどうかは事前に調べることは出来ません。そのため、切り取ったがんの細胞を調べ、転移する可能性があるという場合には、がんの大きさ・範囲が小さかったとしても追加での手術が必要となる場合もあります。大腸がんの自覚症状としては、がんの出来ている場所にもよりますが、肛門からの出血や血便、下痢、貧血などがあります。出血や血便に関しては、痔と勘違いするケースも多いため、注意が必要となります。